島暮らし~漁師風~

漁師になるため屋久島に再移住したガクと、妻もなかの島暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白谷雲水峡

ご無沙汰しています!
10月も終わりに近づいていますが、
この島ではまだ日中なら半袖+半ズボン+サンダルで過ごせます。
(自分だけ?)

先日はるばる石垣島から友人が訪ねて来てくれた。
山に行きたいというので白谷雲水峡へ。
ガイドは任せて!と言ってみたが、
白谷雲水峡に入るのは実に10年ぶり(笑)
まだ移住する前、学生のときに訪れて以来。

10年ぶりに来てその変化にびっくり。
まずは人の多さ。
そして綺麗なトイレ、大きな駐車場、
入山にお金がいるは、道は舗装されているは...

変化に戸惑いながらも辻峠を登る。
目的地は見晴らしの良い太鼓岩。
山は久しぶり。
一面に生える苔と沢のせせらぎ。
山の空気は瑞々しく清らかで息をするたびに体が浄化されていく気がする。
20061029221707.jpg


しかし、10年前にこの場所に来たときの感動はない。
自然が変わったのか?
自分がかわったのか?

太鼓岩に到着。
resize0010.jpg



幸い、今まで黒々と山を覆っていた雲が薄くなり、
すばらしい景色を堪能できた。
弁当を食べ、下山開始。

途中、山小屋の白谷小屋へ寄った。
ここで10年前に泊まった薄暗い一番奥の部屋に入った。
20061029221718.jpg

記憶していたものよりずいぶんと狭い。
木造の寝床の板や柱は傷み、かなり古びていた。
10年という月日を感じた。
しかし間違いなく、あの時泊まった場所である。
..................................
............................
.......................
..................
...............
...........

サークルの先輩3人と自分の4人でこの山小屋に泊まった。
4人とも体調が良くない。頭痛がする。
連日歩きっぱなしで疲れているのか?
沢の水にあたったのか?
とにかく早く寝ることにした。

眠りについてから1時間ほど経過しただろうか?
Tさんがトイレに行くため、部屋から出ようとする物音で目が覚めた。
直後、「ドタン!!!!!」
ドアの方を見ると先輩が倒れているではないか!!!
「大丈夫っすかぁ----!!!?」
自分が飛び起きて先輩に駆け寄ろうと立ち上がるが
よろめいてまともに歩けない。
そのまま自分もバタン!!!その場に倒れた....
「大丈夫かーーー!!」
Nさんが自分にかけより頬をビンタしながら言った。
「しっかりしろー!!」

不思議な感覚だ。
意識はあり、目は見えるし、なんとかしゃべることもできる。
でも体が全く動かない。
頭がボーっとしている。
ビンタの痛みも感じない。
自分はこのまま死ぬんだろうか?
友達のこと、家族のこといろんなことが頭を巡る。

その騒動で隣の大部屋にいた登山客がやってきた。
「どうしたんですか?」
彼は自分たちの症状、床においてあったランタンを見てすぐに気づいた。
「一酸化炭素中毒だ!換気をしろぉー!!」

彼らが窓を開け自分を担いで窓の外に顔を出させ外気を吸わせる。
徐々に体が動くようになってきた。
一命をとりとめた。
もしTさんがトイレに起きていなければ....

テントでランタンを炊けばそうなることは知っていた。
よく死亡事故が報道されていたし。
しかし、この広い小屋でそうなるとは.....


しばらく部屋の入り口で立ち止まり、
その時のことを思い出していた。

そして再び下山開始。
30分もしないうちに駐車場に到着。
時間が余ったので堤防で小物釣り。
カマス、アオチビキ、アオヤガラ、ダツなどが遊んでくれた。

友達は翌日ダイビングをして島を後にした。
白谷雲水峡は確かに素晴らしいところだと思うが、
10年前の感動から期待しすぎてしまったようだ。
山に行きたいといった彼に、
この島の山のすばらさしさを紹介できなかった気がするのだ。
島の山をもっと知りたいと思った。

p.s.
釣り近況。
最近は釣りものに困っている。
カッポレの気配もなくなり、ヒラスズキのシーズンも始まらない。
仕方なく?イカなどの小物釣りで気を紛らす。
akahata.jpg

20061029221755.jpg

ヒラスズキを連れてくる北西の風が待ち遠しい今日この頃です。

p.s.2
長い間使っていなかった一眼レフNikonF100を手放し、
一眼デジカメNikonD70sを手に入れました!
やっぱりレスポンスも写りも素晴らしい!!
saru.jpg

道の真ん中でリラックスしすぎ。
よくあることですが...
  1. 2006/10/29(日) 22:22:39|
  2. | コメント:7
<<カメラ熱 | ホーム | こうしてみるとなかなか美しいですよ...>>

コメント

10年という月日はあっという間のようで本当に長いと思う今日この頃。
10年前の自分を考えると、今ある自分は全く想像できなかった。
5年といわれるとなんだか短くて何も出来ない気がするけど、10年あると人生がらりと変わる気がする(笑)
一酸化中毒で御臨終にならなくて、ホント、よかったね。
10年後のガクさんの人生が楽しめてよかったね。
  1. 2006/11/02(木) 19:57:45 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

生きててよかったです。
・・・何があっても大丈夫そうな気はしますが。笑。
でも,ほんとに!気をつけてくださいね。
  1. 2006/11/03(金) 10:52:24 |
  2. URL |
  3. カズヲ #F9ckFCGU
  4. [ 編集]

>>うっちー
うっす!
自分もまさか、死にかけたこの島に10年後
住むことになるとは全く想像もつかなかったよ。
ここは運命の島(なんじゃそりゃ?)なんだろうか?
とにかく、今の自分がいなかったらと思うと
ぞっとするね。
今から10年後さらに刺激的な人生を楽しめてたらいいなあ。

>>カズヲ
ういーっす!
ありがとう。
一酸化炭素は無味無臭のただの気体のくせに
侮れない!
でも本当に不思議な感覚だよ。
何の痛みも不快感もない。
だからあまり死にかけた!という感じがしない。
まだ釣りに行く途中で崖から落ちたときの方が怖かった。
だからこそ怖い、一酸化炭素。
みなさんも気をつけましょう!

  1. 2006/11/03(金) 14:46:28 |
  2. URL |
  3. ガク #-
  4. [ 編集]

ほんと、生きてて良かったね。
Tさんは命の恩人だね。
生き抜く人間は何があっても何事もなかったように生き延びるもんなんだなぁ。
うちは秋から春にかけては火鉢を焚くけど全然平気。
古い家なので換気扇もない代わりに窓はサッシでないから、雨戸を建てても隙間風がぴゅうぴゅうだから。
なんかこの山小屋に負けた気分だ。
  1. 2006/11/04(土) 17:37:32 |
  2. URL |
  3. すえねぇ #WO.8kER.
  4. [ 編集]

>>すえねぇ
どうもっす!
いやいや、本当によかったっす。
そういえば親友に言われたことがあります。
「俺は危ない目に合うことは滅多にないけど、
遭ったら即死ぬタイプ。
ガクは頻繁に危ない目に遭うのに何故か命を落とさないタイプ。」
確かにあたってます。
それを過信しては痛い目に遭いそうですが....

うちもまず換気をする必要ないっすね。
昨日発覚したんですが、
家の床に穴が開いていて地面が見える...
  1. 2006/11/06(月) 10:46:10 |
  2. URL |
  3. ガク #-
  4. [ 編集]

ヒラスズキ

ガクさん、ご無沙汰です。なんと久米島でヒラスズキが捕獲されました。

驚きです。 では。
  1. 2006/11/17(金) 21:17:20 |
  2. URL |
  3. メイプル #-
  4. [ 編集]

Re ヒラスズキ

>メイプルさん
お久しぶりです!
久米島でヒラスズキ??!!!
ちょっと興奮気味にネットで検索して見ました。
写真も掲載されてますね。
大陸から流れてきたんでしょうか?
この島は分布の南限で水温上昇と共にそのうちいなくなってしまうのでは?と不安を抱いていたのですが、
少し勇気づけられました。
まだまだ未知なことが多いですね。
  1. 2006/11/19(日) 12:05:28 |
  2. URL |
  3. ガク #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もなか&ガク

Author:もなか&ガク
屋久島での島暮らしは最高だったが、二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国(そこへ行きたい)その後、ガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行を終え、再び屋久島へ移住してきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。