島暮らし~漁師風~

漁師になるため屋久島に再移住したガクと、妻もなかの島暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月夜

いまだに台風のうねりがとれないのか、
それとも次の台風のうねりがもう来ているのか?
定かではないがとにかくカッポレ好調の近所の磯は
もう10日以上入れない。

最近の怒涛の更新は、
仕事もなく、気合の入った釣りもできず、
すばらしく暇だからに他ならない。

というわけで情報もないまま
ややヤケクソ気味に風裏の港でカッポレを狙ってみた。
夜中の12時釣り開始。
20060714103342.jpg


月が明るい。
堤防に自分の影ができる。
関東に住んでいた頃は月明かりで
影ができることを知らなかった。
月明かりがこんなに明るいことを知らなかった。
天の川が実在することも知らなかった。
20060714103314.jpg


初めて30分後、ルアーにバシャッと出た!!
期待していなかっただけに驚きが大きい。
反転し走り始める.....



小さい....

1分もかからず上がってきたのは3.8kgギンガメアジ。
この島ではこの大きさのギンガメアジは珍しい。
20060714103359.jpg



それから夜が明けるまでは何もなし。

夜が明けてからは小物釣りに熱中。
結局朝8時までやってしまった。

メコンは4匹、その他フエダイ、アオヤガラ、ダツ、エソ...
飽きない程度に小物が遊んでくれた。

そして小物タックルに予期せぬ大物がかかり
悔しいラインブレイク。
大物といっても数キロの青物であろう。
PE1号では歯が立たない。
明日はこいつの正体を暴きに行くか..



  1. 2006/07/14(金) 10:36:39|
  2. 釣り
  3. | コメント:4
<<もえもえ | ホーム | エビ獲り>>

コメント

そうそう。。

この日はすごく いい月夜でしたね。

最近 太陽でへばり気味なので
月明かりで釣り、やりたい!
  1. 2006/07/15(土) 14:09:01 |
  2. URL |
  3. みずまんじゅう。 #-
  4. [ 編集]

>>みずまん
そっちもいい月夜だったんだぁ。

月の明かりって怪しげでいいいよね。
狼に変身できる気がしてくる?
満月の夜は犯罪率が高いというし。

足元が良く見えて
涼しく釣りができるのはいいのだけど、
でかいの釣るにはは真っ暗闇がいいみたい...
  1. 2006/07/15(土) 15:22:07 |
  2. URL |
  3. ガク #-
  4. [ 編集]

いつの間に!!

ども~!
チョット見ない間に怒涛の更新ですな!!
メアジ。俺も釣りたい。
東京湾では幻のアジとして珍重されているらしい。
見たことないけど・・・。
関係ないけど、釣具屋HPみたら7月にヒラが釣れているみたいだけどそっちは!?

千葉の海は夏休みのせいでファミリーフィッシャー&観光客が多く大変です。
例のヒラマサ堤防はすでにカゴ師によって毎日のように餌付けされて、ルアーには反応しないそうです。
では~!
  1. 2006/08/06(日) 01:29:20 |
  2. URL |
  3. いかちゅみ #-
  4. [ 編集]

>>いかちゅみ君
メアジ楽しいぞー!
もなかが33cm釣ったけど
まだでかいのがいそう。
7gのジグでチマチマやんのがいいねえ。
幻のアジなんだー。
こっちじゃマアジが幻だよ。
ヒラはやってないなー。

メッキも好調でトップが楽しい。
30cmアベだけどこの前でたのは52cm。
磯から8lbだったんでかなりスリリング。

どう?島にきたくなった?
  1. 2006/08/06(日) 11:10:33 |
  2. URL |
  3. ガク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もなか&ガク

Author:もなか&ガク
屋久島での島暮らしは最高だったが、二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国(そこへ行きたい)その後、ガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行を終え、再び屋久島へ移住してきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。