島暮らし~漁師風~

漁師になるため屋久島に再移住したガクと、妻もなかの島暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりのジギング

日曜日、友達6人でつり船を貸切り、沖にカンパチ狙いでジギングに行ってきた。
沖にジギングに行くのは久しぶり。

しかし生憎の悪天候。
出船できるかどうか微妙だったが、
朝6時、なんとか出港。

30分ほど走って最初のポイント。
すぐに自分にヒット。
それから次々と竿が曲がり、
しばし入れ食い!
みんなのテンションも上がる。


20070403094820.jpg

上がってきたのはやや小ぶりのカンパチ。
このサイズでもカンパチのパワーは凄い。



ジギングは魚のいるところまで船長に連れて行ってもらう「大名釣り」。
岸からの釣りは自分で魚の居場所を探さなければならない。
じつはその作業が釣りで一番難しく、肝になる部分。
しかも岸まわりでは魚の数は少ない上に、
障害物が多く、魚をかけても獲るのが難かしい。
そこに岸からの釣りの面白さがあり、
1匹の価値、獲った達成感はまるで違う。



しかし、釣れなければ面白くない!というのもまた釣り人の心情。
たまには気の合う仲間でバカ騒ぎしながら「大名釣り」を
楽しむのもいい。
今回も思いっきり楽しんだ。


南下するにつれ、次第に波が高くなり、
船に弱い人は次々にダウン。
こればかりは仕方がない。
体質のようだ。
自分は生まれつき船にめっぽう強い。

「船酔いしやすい人は運動神経がよく知能が高い」

かつて誰かが言っていた。
ってことは......


しばらく渋い時間帯があったが、
午後にポイントを変え、バタバタと釣れだした。


20070403091449.jpg

うみがめ君が良型をゲット!


20070403091533.jpg

船酔いから復活してすぐ、エビ君にヒット!


20070403091547.jpg

こちらもいいサイズ。


20070403094836.jpg

なんか怪しい漁師が紛れてる...
この漁師、数には恵まれたが小型ばかり。
一度良い魚をかけたが、なんとスイベル(結束用の金具)
を引きちぎられるという失態。
情けない...

結局全員で20本を越えるカンパチをゲット!
欲を言えばもっと大きなサイズを見たかったが
それは次回の課題。
それぞれ食べる分を持ち帰り、残りは水揚げ。

今回釣りをプロデュースしてくれた船長は研究熱心で経験豊富、
その状況で釣れる場所へ的確にガイドしてくれた。
人柄も良く、気持ちよく釣りをさせていただいた。
必ずまた乗ろうと思った。

帰ってカンパチをさばく。
高級魚なのでいつもより気合が入る。
できるだけ身を骨につけないように丁寧にさばく。


sabakisss.jpg

我ながら上出来。

中落ち、胃袋はにんにく醤油に絡めて炒め、
頭やカマは大根とアラ炊きに。
皮は揚げてせんべいにして、
もちろん身は刺身。
捨てるところがない。
20070403091635.jpg


皮せんべいはビールとの相性抜群。
胃袋はコリコリ歯ごたえがあとをひく。
アラ炊きも薄めの味付けで上出来だ。
刺身はうまいが、まだ未成熟。
冷蔵庫で寝かしながら日に日に美味しくなる刺身を毎日いただこう。
食ってよし、釣ってよし。
カンパチの大名釣り。
癖になりそう。

っていうか、これを書きながら
また5月に予約しちゃった...
スポンサーサイト
  1. 2007/04/03(火) 09:23:54|
  2. 釣り
  3. | コメント:15

島一周

今日は日曜日。
漁師にとっては貴重な仕事が休みで海が凪の日。
釣りに行こうと!と張り切っていたのに、
いざ行こうとなると風が吹き、雨となる。
なんだか最近、釣り熱と天候が噛み合わない。


暇なんで、大したネタもないが
数日前に行った島1周のことでも。

この日は朝から天気がよく、
たまにはもなかとドライブに行こう!
ということになった。
最近、激安で見つけたPENTAXのDA50-200mmという
安物レンズの試し撮りもしたかったし。



首折れサバで有名な港町に寄る。
Bminatosss.jpg

港は船が多く、出漁していない様子。

町は人が少なく静かだ。
時折すれ違うのはお年寄りと、子供たち。
Bsnapsss.jpg

その名残を感じることはできなかったが、
一昔前は港町として栄えたらしい。
Bsinryokusss.jpg

町を囲む山々の新緑が美しい、静かで落ち着く町だ。

Bhaikokunekosss.jpg

廃屋をねぐらにする猫。

Bneko1sss.jpg

港町にいる猫は警戒心が強いように思う。
♪おさかなくわえたドラ猫♪的トラブルが多いからだろうか?
Bneko2sss.jpg

猫が多いのに人に寄ってくる猫が1匹もいない。
かつて仕事で東北の港町に長期滞在したことがあるが、
そのときもそうだった。

Bkiainekosss.jpg

もなかが激写したお取り込み中の猫。
すごい気合の入りようだ。
どんな作品作るんやろ?


車を5分ちょっと走らせると亀の産卵で有名ないなか浜がある。
Binakahamasss.jpg

今日は北よりの風が強く波が高い。
Bnamisss.jpg


そして西部林道へ。
ここは猿と鹿の王国。
人間は彼らのテリトリーへの侵入者でしかない。
だから近づくとこんな顔される。
Bsarusss.jpg

「おいおいおいおい、んだよ-
 こっちは毛づくろいで忙しいんじゃ!
 邪魔せんといてや-」


 林道を抜けるてしばらく走ると小さな浜がある。
サーファーがいた。
Bsufer2sss.jpg

自分と同じトビウオ漁師の若者にはにサーファーが多い。
何故なら、

サーフィンに絶好な波の高い日=仕事は休み

だからだ。
自分の狙いも一緒で

ヒラスズキ釣りに絶好な波の高い日=仕事は休み

だったのだが、
大きな落とし穴が....

この島≠ヒラスズキの宝庫

だったのである。
まあ人生そんなもんである。


家に着いたのが夕方6時。
この日はエビ君家で焼肉をご馳走になった。
ビールが止まらず、至福の一時。
なんだかのんびりとした良い休日だった。

こんな過ごし方もいいが、
来週こそは釣りに行くぞ!!
最近、陸からまともな魚釣っていない...
先日釣ったイカはこの季節にありえない超小型(泣)
Bkotikasss.jpg


  1. 2007/04/08(日) 20:28:46|
  2. その他
  3. | コメント:2

青物はまだ?

そろそろブリ、カンパチなどの青物が、
キビナゴを追って接岸する季節。
今年は漁の最盛期が早く終わり、休みが多い。
うれしいような、悲しいような..
いや..正直にいいます。うれしいです
青物求めて島中を走り回ってます。

しかし、肝心のキビナゴが見当たらない。
去年は湾内にかなりの群れが確認できたが..

まだなのか?と思いきや意外な場所で
10kgオーバーのブリが釣れたとの情報が入った。
俄然やる気になったが、空回り。
かすりもしない...



今日も風が強く休みになった。
少し気になっていた風裏の磯へ青物狙い。

潮止まり前、ドスンとジグをひったくられる。

来た!!!

?!
なんか違う?
スピードがない。
首を振る振動が伝わってくるが青物のそれとは違う。
下へ下へ突っ込むのはカンパチっぽいが、
それにしてはトルクがない。

水面を割ったのはオニヒラアジ、4.4kg。
本命ではないが、この時期のヒラアジ類はアブラがのってなかなかうまい。
onihirasss.jpg


今度こそ本命!と気合を入れたその直後、
鈍いあたりでジグが止められる。
これはやや抵抗があるだけでするすると上がってくる。
hatasss.jpg
思った通りハタの類。

図鑑で調べたが種が判別できない。
キジハタの模様に似ているが違う。
オオモンハタのようでもあるが斑点が異なる。
誰か教えてください!

南へ行けば行くほど、生物の種数は多くなるが、
1種あたりの資源量は少なくなると言われている。
自分が外道ハンターになってしまうのも仕方のないこと...
ということにして下さい(汗)

本命じゃない!などとかっこつけてるが、
実はファイト中はアドレナリン大放出。
十分に楽しみました

今年も青物が来てくれるといいが。
大型青物が大接岸して、
鼻血が止まらない大興奮釣行を夢見る今日この頃です。
  1. 2007/04/16(月) 18:18:28|
  2. 釣り
  3. | コメント:9

プロフィール

Author:もなか&ガク
屋久島での島暮らしは最高だったが、二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国(そこへ行きたい)その後、ガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行を終え、再び屋久島へ移住してきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。