島暮らし~漁師風~

漁師になるため屋久島に再移住したガクと、妻もなかの島暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森へ

ご無沙汰です!
先週は時化で4連休になったのですが、
風邪を引いてしまい、引きこもりの日々。
PCでバックギャモンに燃えたり、本を読んだり。
実は本を読むのは久しぶり。
エビ君に借りたリリーフランキーの「東京タワー」。

私はそのうち日本の滝百選に選ばれるのではないかという程に
涙腺が軟弱である。
ラストシーンは涙が止まらず、
ティッシュで拭きながらでないと文字が滲んで読めない...
タダでさえ風邪を引いて鼻水が止まらないのでもう大変。
もなかがおもしろがってティッシュの山ごしにパシャリ。
naki2sss.jpg

髭面三十代おやじの涙は見苦しい(汗)



なんとか回復し、日曜日は釣りだーと!張り切ってたら生憎の大時化。
そこでお気に入りの場所へ、カメラを持って行ってきた。

車を降りて沢沿いを歩く。
1takiryuubokusss.jpg

さっそく馴染みの動物達が出迎えてくれた...
というのは都合の良い解釈で、
実際はせっかくのんびりエサを食べていたのに、
なにやら怪しい汚い動物に警戒する。
目と目が合い互いに硬直。
2sika1sss.jpg


3sika2sss.jpg

こちらは猿。
4kezukuroisarusss.jpg

毛づくろいをしながらまったりとしたひと時を過ごしていたが、
近づくと牙を見せ威嚇。
シャッターを切りながら徐々に近づくと、

「ああー写真ね。ほどほどにしろよ。」

と再び毛づくろいを始めた。
5.0kezukuroi2sss.jpg

中望遠のレンズだったので1mまで接近。
毛づくろいの手先を観察して関心。
人間と全くかわらない手の器用さ。
5.1tetuki2sss.jpg

人差し指と親指でノミ(たぶん..)をつまんで
5.2tetuki3sss.jpg

ぷちっ。
6kosarusss.jpg

離れたところにいた小猿が帰ってきた。
7kosaru2sss.jpg

かあちゃん、あの変な動物何?


そしてお目当ての場所に到着。
8jgajumaru1sss.jpg

ガジュマルの群生地だ。
9jgajunmaru2sss.jpg

10inyousss.jpg

この根が凄い。
11iwa1sss.jpg

12iwa2sss.jpg

いつも岩に張り付く根を見ると、
心臓にまとわりつく冠状動脈を思い出す。
13kanyou1sss.jpg


気がつくと日が傾き始めていた。
沢沿いの道を引き返す。
14kotakisss.jpg


帰り道、傾きかけた太陽と、
強い北西風ですべるように流れる雲が
刻々と変化する光の造詣を楽しませてくれた。
15yugure1sss.jpg

16yuugure2.1sss.jpg

宇宙船に乗るときこんな感じですい込まれて行くよなー


今回意外に楽しかったのがおさるの撮影。
次回は猿に密着し、猿のポートレートメインで行ってみようと思った。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/12(月) 19:51:37|
  2. | コメント:5

おはぎ

実家から荷物が届いた。
もち米とあんこ。
お彼岸だから、おはぎを作れという母親からの指令らしい。。

なので、作ってみた。

20070321201933.jpg

あんこが出来合いなので、かんたん♪


ついでに、明日はそぼろ弁当!

IMGP4068sss.jpg

なんか今日はキャラが違う・・・

  1. 2007/03/21(水) 20:16:28|
  2. ごはん
  3. | コメント:8

珍客を食す

今日、漁の網に珍客が迷い込んだ。
自分が漁師になって2年弱だが、
こいつに出会うのは4回目となる。
しかも今回のは20年以上この漁をやってきた親方も、
初めて見るという大きさ。

珍客はアオイガイ。
以前もここで紹介した。
さすがに殻の大きさがここまでなるとタコも大きい。
aoigai2sss.jpg

ここまで大きな殻は珍しい。
家の家宝にしよう。
aoigaisss.jpg

もちろん、持って帰って食してみた。
アオイガイは珍しい生き物なので、
食べたことのある人は少ないだろう。

刺身とから揚げにした。
karaagesss.jpg

これが、うまい!
から揚げは身がやわらかく味が深い。
ビールが止まらない!
刺身は適度に硬いが歯切れが良く、
噛めば口の中でとろけて味も良い。
タコというより、貝に近い感じ。
やっぱり見た目と味は関係するんや。


しかし、これは希少な生物。
海に返せる状態であれば、
食べたい気持ちをぐっとこらえて逃がしてやらねば。
つらいなー。
味を知らなければ良かった....
  1. 2007/03/31(土) 22:36:15|
  2. ごはん
  3. | コメント:8

プロフィール

もなか&ガク

Author:もなか&ガク
屋久島での島暮らしは最高だったが、二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国(そこへ行きたい)その後、ガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行を終え、再び屋久島へ移住してきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。