島暮らし~漁師風~

漁師になるため屋久島に再移住したガクと、妻もなかの島暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釣り

島は昨夜から豪雨。
築40年の我が家はもちろん木造で、
雨が窓や屋根に当たる音が凄まじい。
でも不思議と気にならない。
熟睡できた。

自然の奏でる音というのは心地よい。
潮騒、川のせせらぎ、木々のざわめく音....
テレビの砂嵐はあんなにうるさいのに。
1/fのゆらぎってやつなのか。

今も外は暴風雨
3匹の子豚はブーフーウー
そのうえこのケガ。
こんな時だから思い切ってやってしまう。
禁断のこのテーマ。

釣り

間違いなく長くなります
ここから先は勇気のある方だけお読みください。
自分がもし釣りバカじゃなければ、
こんな話、絶対退屈です(笑)



自分にとって釣りとは何か?たずねられたら、
ちょっと照れくさいけど、

人生

って言い切る。
言ってしまった...
やっぱり照れくさい.....

時間と体力のある限り釣りをして、
すばらしい釣りをするたびに
その記憶は強烈に脳裏へ焼きつき、
死ぬ間際に思い出す財産となる。

yam2008.jpg

釣友の釣った見事なヤマメ。美しい魚体は忘れられない


何がそれほど面白いのか?

魚が突然水面を切り裂いてルアーに襲い掛かった時の興奮か?
ラインを通して伝わってくる魚の躍動感か?
自然を読み、データを集め、時間をかけて獲った一本の達成感か?
....枚挙にいとまがないが、
それらは面白さの要素であって本質ではない。

釣りの面白さを完璧に伝えるのは
相手が釣りバカでない限り不可能だ。
これはどんな分野でもいえること。
突き詰めれば「好き」ということは理屈じゃない。
自然と溢れ出る感情であり、情熱であり、
そこに理由はない。

だから釣り好き同士で
「君は釣りのどこが好き?」なんて野暮な質問はしない。
言わなくても体が知っているし、
それは言葉で表現できないことも知ってるから。

じゃあ、自然と湧き出るその情熱って何か?
たぶん....それは、長い年月をかけて体に刻み込まれたもの。
数十年とか数百年とかそういうレベルじゃない。
木の実を食べ、魚を獲り、川の水を飲む...
そんな生活をしていた時代から淘汰され、
現代まで残った「狩猟本能」。

猫の前で小さなおもちゃをトリッキーに動かすと
いつまでも真剣に遊んでる。
その猫の目は、まさしく
自分が釣りをしているときの目なのだ。
猫に聞いてみればわかる。
「何がそんなに面白いの?」
「しらにゃあ」
ほら、理屈じゃない。

「なんか知らんけど魚獲るのっておもろいわぁ」
そう思えるやつが、獲らなきゃ食えない、
食えなきゃ生き残れない時代には強かった。
そういう時代によって
その性質は淘汰され、残されたのではないだろうか。

前回の話に続くが、つまりDNAということだ。
人の性質をDNAだけで説明するのは危険だけど、
やっぱりこれはDNAだ。

だからなのか?
釣り好きには次のような傾向がある。

・グルメで大食い
・ギャンブル好き
・色好き
・子供っぽい
・自己顕示欲が強い
・音楽好き
・幼少は虫取りに夢中
・クワガタマニア
・40歳を過ぎると園芸にはまる

まとめると
「本能が強くて遊び心のある右脳人間」
といったところか。

特に四方を海に囲まれた日本では
「魚」に対する狩猟本能が特に強く残っている気がする。
日本人の釣りに対する情熱はすごい。
釣具の品質と技術は他国の追随を許さない。
世界のどこの釣具屋にいっても日本製品は必ずある。
釣りのために世界中を旅するが人があれだけ多いのも、
日本ぐらいじゃないだろうか?

..........
おっとやはり長くなってしまった。
まだまだ書き足りないが、
とりとめがなくなりそうなのでこのへんでやめておこう。
要するに

「釣りバカにつける薬はない」

ということ。

20060402133218.jpg

これからもすばらしい魚との出会いを重ねたい


スポンサーサイト
  1. 2006/04/02(日) 13:56:21|
  2. 釣り
  3. | コメント:8

復活

ご無沙汰してます。
ケガで仕事、釣りから離れていましたが、
18日に医者からGOサインが出て仕事、釣りに完全復帰!!
ご心配をおかけしました。

不思議なものでしばらく釣りに行かないと、
釣りに行くエネルギーを抑制し続けていたためか?
うまく釣り熱を放出できない...
とりあえず小物釣りなどで準備運動のつもりだったが、
小物すら相手にしてくれず準備運動にならない..

そんなこんなしているうちに
徐々に体が磯を歩きたがってきた。

そしてようやく気持ちものってきた。
しかし、東奔西走も虚しくなかなか
ヒラスズキの気配を感じることができない。
いつものことだが...

思い切っていつもと違うエリアへ。

サラシ良好。
しかし、外道ダツの猛襲に遭う。
しかもメーターを優に超えるやつが毎回食ってくる。
歯が鋭くルアー、リーダーは傷だらけ、
そのうえドラグをギャンギャン鳴らしながら走りまくって
ランディングに時間がかかる大迷惑魚なのである。

が、冷静に考えると大迷惑なのは自分である。
釣りたくないなら釣らんでくれーっと
ダツ君の声が聞こえてきそうだ。
できるだけダツのあたりにはフッキングいれず
沖で逃がすようにした。

ダツが多いと大変だが、ベイト(エサ)は多いという証拠。
チャンスはある。

そしてダツのあたりとは異なるドンという
やや鈍い当たりが!
これは!とすかさず合わすと下に突っ込む。
はて??
俊敏さがない。
あがってきたのは
20060425143055.jpg

南国らしい極彩色のこいつ。
お決まりの外道.....
こっちでアカジョウと呼ばれているバラハタであった。
場所によってはシガテラ毒があるがこの島では大丈夫らしい。
市場価値が高く島民はみなおいしいと絶賛する。
持ち帰って食してみることに。
20060425143114.jpg

アラは酒蒸し、半身ぶつ切りをから揚げ、残りの半身を刺身。
酒蒸しは皮と身の間のゼラチン質がなんとも言えない。
頭骨にしゃぶりつき、
骨に張り付いている身をきれいに食してしまうほど。
から揚げにすると身はプリプリと弾力がありながらも、
トロりと口の中でとろける。
味は上品で香味油作ったピリ辛中華風のたれに良く合い、
ビールの友として絶品であった。
刺身は淡白だかほのかな甘みであとをひく。
さすが、評判どおり。

以前、ヒラアジ狙いで入った磯で
アカジョウがルアーに何度もチェイスしてきた場所があった。
今度はそこへアカジョウ狙いに入ろうと堅く決意した。



  1. 2006/04/25(火) 14:32:59|
  2. 釣り
  3. | コメント:2

ひとり縄文

めざましテレビの企画で、Def Techが縄文杉で生中継で歌うという。
けっこうDef Tech好きだし、夜明けの縄文杉を見る!ひとりで縄文杉まで行く!
っていうのもおもしろそうだったので、月曜の早朝、縄文杉まで登ってきた。

1時30分登山口を出発。

真っ暗な中、一人で黙々と歩く。
休憩をしたときに空を見上げると、大きな流れ星が見えた。
 
途中、遠くの森の中から口笛のような音がする。
「ピーーー」
「ヒューーー」
その音は一時間以上ずっと続く。
鹿の声かな?
オスとメスが鳴き交わしていたのかな?

5時を過ぎ、空が白み始めた。
5時20分、空がかなり明るくなった。と同時にいっせいに鳥が鳴き出す!
夜が明けた瞬間だ!

5時30分縄文杉に到着。

朝の縄文杉

たくさんファンが来てると思ったら、私を含めて3人しかいなくて、
Microは周りのスタッフや私たちにお湯を沸かしてコーンスープを作ってくれた。
Shenは最近見た映画の話をしてくれた。
写真を一緒に撮ってと言うと、高校のときからこうやって撮ってるからうまいよと
Shen自らカメラをこっち向きにしてシャッターを押してくれた。
特にShenには惚れそうになった。。(笑)

Def Tech

8時半ごろ縄文杉を出発して、
途中歩きながら寝そうになるも12時に登山口に到着。

トロッコ道

ガクや友達に「やめとけ」と言われ、心配されながら行ったのだけど、
いろいろとおもしろい体験だった!








  1. 2006/04/27(木) 22:39:39|
  2. | コメント:6

プロフィール

Author:もなか&ガク
屋久島での島暮らしは最高だったが、二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国(そこへ行きたい)その後、ガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行を終え、再び屋久島へ移住してきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。