島暮らし~漁師風~

漁師になるため屋久島に再移住したガクと、妻もなかの島暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漁師修行

1re17880.jpg
久々の晴れ。
大洗濯大会を終え、港に行ってみる。
波もおさまったので漁師たちが集まってソワソワしていた。

そして漁師のTさんから嬉しい誘い。

「イカ釣り行く?」

待ってましたぁ~!!!!!

2re17879.jpg
出航!


イカ釣りは陸からキャスティングで釣ったことはあるけど、
それ以外の方法は全く知らない。

生き餌、死に餌、オモリをつけてのエギの仕掛け等、Tさんが親切にレクチャーしてくれた。
一語一句聴き逃すまいと頭に叩き込む。

そして実釣。
3re17878.jpg
なんとか3kg位までのを何杯か釣ることはできたが、
Tさんの半分以下。
しかもTさんは操船しながらである。

自分に足りないものはテクニックだけでなく道具。
Tさんの道具は一見ボロボロの安物のように見える(すみません..)けど、
あとで聞いてみるとイカ釣りのポイントをしっかりと抑えた理にかなった道具だったのだ。
その道具で何百万と稼いでいるらしい!


実際に漁に出ると学ぶことが本当に多い。
自分の夢に確実に近づいていることが実感でき、すばらしく充実した時間だ。
Tさんには本当に感謝。ありがとうございます!
自分は本当に人間運が良いと思う。
もなか曰く
「ガクは人間運で運を使い果たしているから宝くじには絶対あたらないよ。」


後日。
4re17882.jpg
思い切ってこれを購入。
いままでは全く興味のなかったリール。
ダイワのバイキング。

ドラグはないがスプールが剥き出しについているので、
手ドラグでかなりのテンションがかけられる。
出したい時に出せる、巻きたい時に巻ける。
右巻きでも、左巻きでも、ベイトロッドにもスピニングロッドにも!
とにかく使いこなせばなんでもできちゃうスゴイやつなのだ!
それでいて堅牢で安価。

イカ釣り漁師の多くがこれを使っているのも頷ける。


また時化が来たので次の漁に向けて今回の反省。
イカ釣りに合ったタックルの組み合わせを考え戦略を練る。
5re17883.jpg
もなかもイカの餌を釣る仕掛け作りを手伝ってくれた。

イカは終わりに近づいているので、
キホタ釣りの準備も進めている。
ルアーでは全く関係なかった、枝針の作り方等をネットで調べたり。

そして食卓には海の幸がのぼることが多くなった。
6re17884.jpg

捌いたらこんな風に甲が出てきてビックリ。
コウイカもアオリイカに負けないくらいうまい!
7re17881.jpg

自家製首折れ〆鯖は最高の出来!
中がレアなのがいい!


やはり漁師は自分にとって天職であることを確信。
毎日が充実し楽しい。頑張るぞ!!
スポンサーサイト
  1. 2012/06/17(日) 13:57:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ただいま母川回帰中

お久しぶりです!!!!!


実に半年ぶりの更新。
この更新に気づいた方は、こんなに放置してるのにもかかわらず、
懲りずに時々見に来て下さった方なのでしょう。
申し訳ございませんでした。
そしてありがとうございます!!


さて、今岡山にいます!

やはりいきなり素人が漁師でやっていくのは無謀でした。
船は売却し、もなかの実家で職探し中です....


って残念ながらそんな面白そうな展開にはならず、
本当の理由はこれ!
Are17987.jpg

そうです、もなかが産卵のために母なる川へ遡上したのです。
孵化予定は7月中旬。
いよいよ父親になっちゃうわけですが、なんだかまだ実感が沸きません。
自分は数日後に島へ戻り、産まれるころにまた岡山に来る予定です。



ではたまりにたまったこれまでの出来事をまとめていきます!


~石垣から屋久島へ向かう道中~

3日目の夜明け前。
空がうっすらと明るくなり、水平線に海からどーんつきでた大きな山が現われた。
夜走りしてる時には気づかなかったが、もう目の前だった。
ついに屋久島にやってきた。

なんだか胸がいっぱいになって、涙で屋久島がにじむ。
この船で、この島で、本当に始めるんだ。
やっとこの時、実感できたのかもしれない。


屋久島に着いてから暫くは漁船登録の手続きや、船の整備。
数週間後、ついに漁に!



●カジキ漁

まずは秋に接岸するバショウカジキ漁から。
エサのムロアジ釣りに苦戦し最初の何回かはボウズ。
そして数回目の漁。
Bre17964.jpg
たった3匹のムロアジでカジキを2本釣り上げる!!
Cre17966.jpg
しかも1匹は40kgオーバーの良型!

初漁の獲物は水揚げせずに皆で食べるのが習慣。
カジキは市場価値が高いし一匹の重量があるので水揚げするか迷ったが、
思いきって小さい方をさばいてお世話になった方々に配る。
Dre17965.jpg
この時期のバショウは脂がノリにのって激うま!

よし、これでこれから大漁だ!

が...........
なんと、ここから1ヶ月以上、シーズンが終わるまでカジキ1本も獲れず…

今シーズンはカジキが少ないらしいが、それでも先輩漁師は確実に釣っている。
一番の敗因はエサのムロアジが獲れなかったこと。
特にカジキの漁場の近くのムロ獲り場はプレッシャーが高く、
初心者にはかなり難しいのだ。

サビキを毎日のように作り変えた。
サビキの材質、針、ハリス、幹糸、いろんなパターンを試す。
エンジン切ってみたり、魚探やソナーを切ってみたり....試行錯誤の毎日。
久しぶりに悩んだ日々だったなぁ。挫けそうになった。

そしてやっと少しずつムロアジが獲れるようになった頃、カジキのシーズンは終わった。

カジキ漁、大赤字で終了。

Ere17975.jpg
毎日ムロアジ食べてました。
この時期のムロはかなり美味!


●シマアジ漁

シマアジは1kg4500円の超高級魚。
しかし今年はシマアジが少ない上に、サメが多く漁にならない。
さらに飼いつけのブイが流されて短期間でシーズン終了。

結局釣ったのは一匹だけ....
またもや無残な結果。あぁ....



●深海漁

島から遠く離れた沖で、数日間、船中泊しながら操業する深海釣り。
自分もやってみたい!と思いながらも、まだまだ経験の少ない自分は二の足を踏んでいた。
そのとき、以前から深海の仕掛けや釣り方の相談にのってもらっていたK丸の兄弟から、

「一緒にきますか?」

とうれしい誘い!!

彼らは自分と同じ年代だが漁師暦は長く、沖に行けばいつも誰よりも釣ってくる。
そんな人に教えてもらえるなんて!
いやー本当に人に恵まれてます。
Fre17985.jpg
高級魚のハマダイ!
GrGe17983.jpg
カンナギは市場価値が高く、一人で万歳三唱。

まだまだ水揚げは彼らの足元にも及ばないが、
なんとかほんの少しずつ利益も出せるようになった。

しかし先月は先輩漁師も苦戦しているほど食いが悪く、
赤字を何回かくらってしまいましたが....
Hre17976.jpg
Ire17977.jpg
漁場の周辺には島もなく、疲れた渡り鳥が羽を休めに来る。
Jre17984.jpg
沖はイルカが多い。

賢くてかわいいイメージのイルカ。
しかし漁師にとっては、とても憎らしい存在。
このままだと赤字...そんな時にやっと食ったその貴重な一匹を、
やつらは容赦なく奪っていく。
うまいこと針をかわして。

「ふざけんな!!!!!」

イルカに向かって怒鳴ったところで、
彼らは船の周りをのんびり泳いで、時々「プシュッー」と息を吐くだけ。
「早く魚釣ってよ~腹減ったよ~」って言っているかのよう。

あ~考えただけでムカつく!!
誰か良い撃退法を教えてください!!


●イカ漁

Kre17982.jpg
3月半ばのアオリイカの解禁日にはたくさんの船が集結!
自分はまだ要領がわからず、結局1匹だけ。
例年よりはかなり少ないようだが、それでも先輩漁師は確実に釣っている。

それから毎日のようにイカ釣り。
しかし自分は1匹釣るか釣らないか。
またしても赤字が続く....

そしてある日、試行錯誤していた自分のやり方がピタリとあったのか?
10匹近く釣ることができた!
それをきっかけに赤字が減っていき、

ある時化明けの日。
Lre17979.jpg
大漁!!!
5kgオーバーの大型を含め、3kg以上が7~8匹の合計20匹以上、45kg!
この日は1番の水揚げ量だった。
Mre17978.jpg
5kgクラスのイカの引きはたまんないっす!

まぁまだまだ日によってムラがあり、
先輩方のように安定して釣ることはできません。
もっともっと上達していきたいなぁ。

Nre17986.jpg

イカ釣り中に遭遇したカメの交尾。
Ore17980.jpg
漁から帰って机で仕掛け作り中。
早く寝たいのに邪魔するやつが...
このあと、仕掛けに手を伸ばしてチョイ..
Pre17981.jpg
なんか文句あるにゃ?


●遊漁(釣り船)

先月にようやく遊漁の許可を取得し、ゴールデンウィークに初仕事。
チャーターしてくれたのは石垣島のKOBAのところで知り合ったKさんとぽぽこさん。

事前にポイント調査はしていたけど、予想外の潮向きに苦戦。
まだまだ経験不足でそんな時にどう釣りを組み立てればいいか?模索しながらのガイド。
それでも、なんとか良型GTと会えた!
Qo0550036712527840381.jpg
詳しくはこちらでここで↓
ぽぽこ☆つり始めました☆

まだまだポイントも少ないし経験不足ですので、
自信がつくまではポイント開拓を兼ねて超格安でぼちぼちやっていきます。
今なら相場よりかなり安い値段でトカラ行けます!
興味のある方はご連絡ください!





とまぁ、一喜一憂した怒涛の半年でした。
トータルでみれば赤字ではないものの、まだまだ生活できるレベルではありません。
まだ始めて半年、やはりそう甘くはないです。
やればやるほど、先輩漁師のすごさを思い知らされます。

ただ仕事自体は本当に楽しい!
この半年で、仕事に行きたくないなぁと思ったのは1度だけでした。
努力をしているというよりは、没頭しているって感じかな。
そんな毎日をあと何年か続けていれば、少しは形になるんじゃないか?
そう信じて今は突っ走るのみです。

現在船は島の業者に託し、保冷庫新設の工事中。
これで真夏でも船中泊の漁に行けるぞ!
自分も連日の凪で腰を痛め、岡山の整骨院で治療中。
久々に漁から離れ、のんびりとした毎日を過ごしています。

数日したら自分だけ島に戻り、また漁な毎日。
次の記事は子供の誕生かな?

懲りずにまた遊びに来てくださいね!
  1. 2013/06/01(土) 22:54:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:20

プロフィール

もなか&ガク

Author:もなか&ガク
屋久島での島暮らしは最高だったが、二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国(そこへ行きたい)その後、ガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行を終え、再び屋久島へ移住してきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。