島暮らし~漁師風~

漁師になるため屋久島に再移住したガクと、妻もなかの島暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大貝を食すその二

あの大物を釣って以来、

釣れない......

確率の悪い釣りとわかっていても集中力がなくなってくる。

気分転換にもなかと潜りに行ってきた。
二人とも大学のダイビングサークル出身なのに
なんとこの島で潜るのは初めて。
もちろん潜りが嫌いなのではなく、
自分が釣にばかり行ってしまうからに他ならない。

そしての潜りの目的は、
「釣り場を潜って観察する」

釣りバカはどこまでも釣りバカです。


久々のダイビング、早速小さなキビナゴの群れが迎えてくれた。
と、沖から弾丸のごとくムロアジやカツオ類がその群れに突っ込んで捕食!!
魚の捕食シーンてなんであんなに興奮してしまうんだ?

....??私だけ??

地形やバラハタのついているポイントをチェック。
思ったとおり、バラハタが多かった。
そして帰りがけ

!!!

「ここに置いておくからねー」
と誰かの声が聞こえてきそうなほど、
小高い岩のてっぺんに
それはかなり目立っていた。

夜光貝である。

ドロップオフの壁の岩影など
見つけづらい場所にあるはずの夜光貝を
栗でも拾うかのようにゲット。

シャコガイの失敗にもめげず食してみる。
学生の頃食べておいしかった記憶があるが、
それは毎日缶詰しか食べていない
サークルの貧乏合宿中のことであるから全くあてにならない。

20060627184006.jpg

シャコガイと同じ方法で豪快に焼く。

20060627184024.jpg

身を取り出す。
われわれがう○こと呼ぶ内蔵がグロテスクだが、
わたしはここが好きなのだ。
細かくしてう○んこと一緒にバターとにんにくで炒める。

20060627184043.jpg

意外に柔らかく、うまい。
貝の味はどちらかというと大味だが、
一口食べるとあとをひいてしまう。
なかなかやるな!

ダイビングの話なのに綺麗な青い海の写真がなく、
ちょっとグロい画像しかないのは漁師風なので仕方がない?
次回は頑張ります。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/27(火) 18:44:54|
  2. | コメント:4

これか!

突然だが、自分は嫌な事があってもあまり落ち込まない。
「悪いことが続けばこれはすばらしく良いことがある前触れに違いない!」
本気でそう信じている根っからの楽天家だからだ。


一昨日、釣りの帰り、
車で林道のちょっとした上り坂を登ることができず、
坂の途中でタイヤが空転、
そのまま斜め後ろへすべり落ち、林道の脇に脱輪。
どうやっても復帰できず、もなかにSOS。
しかし、もなかの車もその坂道で動かなくなるなどハプニング続出。
真っ暗闇の林道で1時間以上もかかってようやく無事脱出できた。

かのように見えた....
サイドミラーで後ろを確認しようとして唖然。

ない...ミラーが(TOT)
mira-sss.jpg

綺麗にないので一瞬わからないが、よく見るとすっきりしすぎて笑える。

次の日気づいたが、硬いプラスチック製の泥除けに枝が刺さっていた。
20070220213926.jpg

車も傷だらけである。



そして昨日。
次の日も4時起きというのに夜10時からイカ釣りに出かけた。
はじめのポイントで反応なし、
次のポイントに向かうべく車に乗り込みドアを閉めると,

バキッ!

やってしまった。
エギ竿のティップがバラバラ(TOT)
20070220213909.jpg

だからってそこまでバラバラなんなくても....

半べそで家に戻り、懲りずに違う竿を持ってまた出かける。
しかし、ついたポイントにはいつの間にか作業船がおり、
海水は泥水(TOT)

釣りにならず帰宅。



これはきっと素晴らしく良いことがある前触れに違いない!!
10kgオーバーのカンパチでも釣れちゃうのか?
それとも5kgオーバーのイカか?
期待に胸が膨らむ。



そして今日、それがわかった。



tairyousss.jpg

自分が漁師になって一番の大漁。
普段、1ヶ月で獲る量を1日で獲ってしまった。
これか!

本音を言えば10kgオーバーのカンパチが良かったが....
でかい魚が釣れるんなら、不運よ!いくらでもかかってきなさい!
  1. 2007/02/20(火) 21:27:34|
  2. | コメント:15

仕事納め

4月28日。
この日を最後にトビウオ漁の船を降りることになった。

晴天ベタ凪。
水平線や島を見ながらいろいろ思い出した。


2年前、緊張しながら島の漁協に電話したのが始まりだった。
「トビウオ漁師になりたいのですが...」
「はぁ?えー、あのー..少々お待ち下さい...」
困っているのがわかる。
名前と電話番号を伝えた。
相手の反応に期待はできないと思った。

が、1週間後、船の親方から連絡があった。
なんでもやってみるもんだ。

しかし大変なのはそれからだった。
他の船員が簡単そうにやっている作業ができない。
揺れる船の上で立っていることすらできない。
何度もひっくり返り、みなに笑われた。
唯一の救いは船酔いに強かったことだろう。

とにかくそうやって、
トビウオ漁師としての日々が過ぎていった..

asahisss.jpg

日の出と共に漁は始まる。

20070502031530.jpg

これが職場。狭いけど、大海原に浮かんでいれば少しも窮屈ではない。


tobi1sss.jpg


tobi3sss.jpg

洋上に浮かぶ島は美しい。爽快な気分になる。


sike2sss.jpg

凪ばかりではない。


20070502031516.jpg

時化た時の作業は大変だ。

tobi4sss.jpg

こんな珍客も。

20070502031545.jpg

大漁は仕事が大変だけど、思わず笑みが..
やった分だけ貰える仕事はやりがいがある。


経験を積むうちに力もつき、
作業もそこそここなせるようになった。
まだまだ一人前とは言いがたいが....

将来は自分で船を持って1本釣りの漁師として独立したい。
トビウオ漁師としての1年半で得たことは、
その糧となりそうだ。



最後の漁に出る前日、友人のR子ちゃん夫婦からからすばらしいプレゼントを貰った。
20070502032728.jpg


お疲れ様ケーキ!
20070502031447.jpg

漁の帰りにトビウオをR子ちゃん家に届けるのが日課となっていたが、そのお礼ということだった。
こんな手の込んだケーキをいただいたのは初めて。
トビウオがこんな姿に変わろうとは!

R子ちゃんの夫、学生時代からの釣友でもあるエビ君の提案で
「あいつはとにかく量があったほうがいい。」
ということになり、
こんな立派なサイズになったそうだ。
さすが、付き合いが長いだけにわかってる。
本当にうれしかった。
ありがとう!!


ここまでやってこれたのは多くの方々が支えてくれたから。
みなさん、本当にありがとう!
そして、これからもよろしくお願いします!
  1. 2007/05/02(水) 03:20:58|
  2. | コメント:18

プロフィール

もなか&ガク

Author:もなか&ガク
屋久島での島暮らしは最高だったが、二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国(そこへ行きたい)その後、ガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行を終え、再び屋久島へ移住してきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。